番外編 ーなんと第1回で紹介のハンバーガー屋で米露首脳がランチー DC発 ウエダ雅恵ストリンガー

 今年3月に「グローバル・ストリンガーズ」レポートの第1回として「オバマ人気が続くDCのハンバーガー屋情報」と題して、私がYouTube付きで紹介したハンバーガー屋がこのほど、世界的な脚光を浴びることになりましたので。報告しておきます。

 6月24日、ホワイトハウスで、ロシアのメドベージェフ大統領と会談していたオバマ大統領が、昼食時になると突然、メドべ―ジィエフ大統領を、自らが日ごろから愛用し、3月のレポートでも紹介したハンバーガー屋3軒のうちの1軒、「Ray's Hell-Burger」に連れ出し、一緒にチ―ズバーガーを頬ばてみせたからです。その様子を動画でご覧下さい(ロイター提供)。「グローバルストリンガー」としての「先見の明」を誇れる気持ちで嬉しいです。

 「Ray's Hell-Burger」は、DCからポトマック川をバージニア州側に渡ってすぐのアーリントン墓地の裏手にあり、ホワイトハウスからは車で5~10分。しゃれたカフェ、メキシコ料理、ビストロ・フレンチ、ベトナムPHOなどのレストランが小ぢんまりと固まって並ぶ一角にあり、駐車場も30台ぐらいしか入らないような比較的小さな場所です。この歴史的ともいえる「米露ハンバーガー首脳会談」の舞台となったおかげで、当の「Ray’s Hell-Burger」には、今長蛇の列ができています。

 しかし、肝心の米露関係では、こうした両首脳による「再出発」の友好ムードの演出にもかかわらず、その一週間後には、FBIがロシアの情報機関に核開発などの情報を提供していたとのスパイ容疑で、11人をニューヨーク、ボストンなどで逮捕する騒ぎが起こっています。「ハンバーガー会談」ほど簡単にはかっての東西冷戦の遺産から抜け出してはいないようです。

(2010年6月30日、DC発 ウエダ雅恵ストリンガー)

© Fumio Matsuo 2012